少額のデイトレードなら「XM」を利用した方が良い理由

FX

デイトレードをしたいが、投資金が少なくて悩んでいるトレーダーには「XM」をおすすめします。

何故ならば、「XM」の最大の強みである888倍のレバレッジやボーナスをフルに活用する事が出来るからです。

少ない証拠金のトレーダーこそレバレッジをかける事で、一定程度以上の証拠金を持っているトレーダーと互角の取引が可能になります。

取引回数も多く、利益をコツコツ積み上げていくデイトレードこそ、海外FXの本領が発揮できると言っても過言ではありません。

ここでは、小資金デイトレーダーに何故「XM」が適しているのかを詳細に解説していきます。

デイトレードを行うにはどの位の資金があった方が良いのか疑問に感じているトレーダーにも読んで頂きたい内容になっています。

少ない資金を大きく増やそうとFXの世界に飛び込んでも、簡単にお金が増やせる程、FXの世界は甘くありません。

大切な資金を守りながら増やす為に、どんなことに気をつけなくてはいけないのかも併せてポイントをまとめてみました。

888倍のレバレッジは小資金トレーダーにとって最大の武器

「XM」では、スタンダード口座のレバレッジが最大888倍と非常に魅力的になっています。

この888倍のレバレッジこそ、資金が少ないトレーダーにとって非常に強力な力となってくれるので、最大限に活用すべきなのです。

何故ならば、少ない資金でも888倍のレバレッジを活用すると、ある程度のポジションを持つ事が出来るからです。

例えば、5万円の資金でデイトレードをしたいと考えたとします。

「XM」では888倍のレバレッジですから、取引出来る資金量は次の様になります。

5万円×888倍=4,440万円(5万円で4440万円分の取引が出来る)

国内FXでは25倍のレバレッジが最高ですから、同様に取引出来る資金量は限られます。

5万円×25倍=125万円(5万円で125万円分の取引が出来る)

実に4,300万円以上もの差になってしまいます。

国内FXで4,440万円の取引をしようと思うと、証拠金は180万円近く必要になります。

「XM」を活用すれば、5万円の資金で180万円の資金を持っているトレーダーと互角に戦う事が出来るのです。

もちろん、ハイレバレッジでの取引はリスクが高まるので、FXの教科書や有名トレーダーには、おすすめされていない事が多いです。

但し、5万円の証拠金で180万円の証拠金のトレーダーと同じ取引をするには、当然多少のリスクは受け入れなくてはならないとも言えます。

リスクを取るからこそ、少ない資金でも資金の多いトレーダーと同等のリターンが得られるようになるのです。

ハイレバを推奨していない方達の殆どは、レバレッジをかける必要が無い位に、潤沢な資金を持っている場合が多いのも事実です。

当然ながら、ハイレバが可能だからと言って、常にフルレバレッジでデイトレードしろという事ではありません。

あくまでも資金が少ない場合は、ある程度のリスクをとる必要があるので、レバレッジを最大限に活用しましょうという事です。

海外FXの中でも最大レバレッジの大きい「XM」は資金が少ないトレーダーにとって強力な味方となってくれるのです。

「XM」の多彩なボーナスが証拠金を増やしてくれる

「XM」には3種類の多彩なボーナスが用意されています。

ボーナスを活用すれば、証拠金を大きくする事が出来ますので、小資金トレーダーがボーナスを使わない手はありません。

新規に「XM」で口座を開設して、5万円の資金を入金した場合の証拠金は次の様になります。

『XM』に新規口座開設して5万円入金して付与されるボーナス

口座開設ボーナス:3,000円

入金ボーナス:50,000円

口座開設ボーナスと入金ボーナス100%が付きますので、入金した50,000円と合わせて『合計103,000円』の証拠金でデイトレードを始める事が出来ます。

さらに、トレードをすればする程、ロイヤリティボーナスも貯まりますので、マイナスにならない限り証拠金は増えていく事になります。

これほどまでに充実したボーナスプログラムは、海外FXの中でも少ないです。

とりわけ「XM」はボーナスが充実している事で知られていますので、デイトレーダーにとってはメリットしかありません。

「XM」のボーナスについて詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。

XMのデイトレードで利益を上げるコツ

「XM」がデイトレードに向いている業者である事が分かっても、トレードで勝てるかどうかは別の問題です。

そこで、「XM」でデイトレードを行う際に意識しておくと良いポイントをいくつかまとめてみました。

絶対に勝てる魔法の手法とかではありませんが、意識する事で勝率を高め、無駄な損失を回避する事は出来ます。

【XMのデイトレで稼ぐための秘訣】

  • 勝てると確信出来た場合のみエントリーする
  • 勝ちパターンを何パターンか持っておく
  • ダメなときはすぐ損切り
  • 焦って増やそうとしない
  • 確実な一発逆転をねらう

勝てると確信できた場合のみエントリーする

ハイレバでリスクが高まっている分、エントリーは特に慎重になる必要があります。

とりあえず勢いでエントリーと言った具合にデイトレを行うと、アッという間に資金が無くなってしまいます。

資金をすぐに消失させてしまうトレーダーは、ハイレバで少ない資金を一気に増やそうとギャンブルトレードに走ってしまう事が多いです。

FXの勝率を上げるには、逸る気持ちをグッとこらえて、『ここなら勝てる!!』と確信できるポイントのみエントリーするのが秘訣です。

確実なポイントが訪れるまで忍耐強く待ち続けられるかどうかも、勝敗の分かれ目となります。

確実に勝てると確信を持つのはなかなか難しいですが、最低限エントリー時に損切りと利確のポイントがはっきりしている事が条件と言えます。

勝ちパターンを何パターンか持っておく

確実なポイントを狙うには、勝ちパターンを沢山持っている方が有利になります。

チャートの動きは不規則ではありますが、時に規則正しくパターンに添った動きをする事があります。

勝率を上げるには、この規則正しいパターンのポイントを多く見つける事が秘訣です。

その為に過去の経験や知識に裏付けられた『自分の勝ちパターン』を多く持つ事がとても大事と言うわけです。

勝ちパターンの種類は、トレンドに乗った勝ちパターンでも、レンジ相場の時の勝ちパターンでも構いません。

パターンが習得出来たら、勝利が確信できる自分の必勝パターンが訪れるまで、チャートをじっくり眺めて待つだけです。

但し、チャンスはそんなに頻繁には訪れませんので、気長に待つようにしましょう。

勝ちパターンをいくつか持っていると、その分だけチャンスを広げることが出来ますので、慣れてきたら勝ちパターンを増やしていく事が大事です。

勝ちパターンを習得するのに最も近道なのが、チャートパターンやプライスアクションの知識を身につける事です。

ダブルボトムや三尊等の基本パターンが身についていると、経験を積む中で自分なりの勝ちパターンが見える様になってきます。

ダメなときはすぐ損切り

確信を持ってエントリーしたとしても、毎回勝つ事は不可能です。

確信が強ければ強いほど、逆を行った時の損切りをためらってしまいがちですが、ここは躊躇なく損切りしましょう。

大抵の場合は、損切りを遅らせたが為に、より損失を膨らませて、トータルの損益を悪化させてしまいます。

予想の逆を行った場合は、すぐに次のチャンスにエントリーできる準備をする為に、損切りする事が肝心です。

無駄にポジションを持ち続けて、価格が戻るのを祈るより、すぐ次のエントリーを狙った方が、結果的に利益は増えます。

特にデイトレードの場合は、損切りの判断のスピードが損益に大きく影響します。

焦って増やそうとしない

資金が少ないからと言って、焦って増やそうとするのも禁物です。

焦りがあると、正常な判断が出来なくなるので、いい結果は望めません。

少しでも早く資金を増やしたいという思いが、損切りを躊躇させてしまったり、利確を早めてしまったりするのです。

また、トレードで損失を出しても、すぐに取り返そうとしない事も大事だと覚えておいて下さい。

負けを取り返そうと無理なエントリーをしてしまうのも、一種の焦りですので、良い結果には結び付きづらいです。

常に平常心を保つようにし、極力焦りを排除しましょう。

確実な一発逆転をねらう

少ない資金のハイレバトレードとは、運に頼った一発逆転ではなく、根拠に裏打ちされた一発逆転を狙うイメージです。

資金が少ない場合、多少のリスクを取らねばならない事は先述の通りですが、リスクをとるとは、ギャンブルをする事とは違います。

勝てる可能性が高いと判断したポイントで、大きくレバレッジをかけて、大きな利益を狙うのです。

闇雲なフルレバ程危険なものはありませんが、コントロール出来ているハイレバは小資金トレーダーの活路とも言えます。

勝率アップに繋がる様に、繰り返し検証をし、自分だけの勝ちパターンを見つけましょう。

XMなら5万円あれば十分デイトレード出来る

ここまで解説してきた通り、「XM」ならば5万円の証拠金があれば十分デイトレードを始める事が出来ます。

1日の目標利益額にもよりますが、サラリーマンが毎日の昼食代を稼ごうと思えば、5,000円もあれば十分可能です。

こうした少額トレードが出来るのも「XM」の魅力の一つと言えます。

海外FXだけのメリットをフル活用して、少ない資金からでも思い切ってスタートしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました