XMは経済指標をチェックするだけで勝てるようになる理由を詳細解説

FX

XMで勝てないと悩んでいるあなたは『経済指標』をチェックしてみてください!!

信じられないかもしれませんが、経済指標をチェックするだけでXMの勝率を飛躍的にアップすることは可能です。

なぜならば、経済指標の発表は世界中のトレーダーが注目しているイベントなので、為替が大きく動くきっかけとなることが多いからです。

でも一体どんな経済指標を確認すればいいの?

そんな疑問を持っているトレーダーのために、本記事ではXMで勝つためにチェックしておくべき重要な経済指標を詳細に解説していきます。

経済指標の分類

経済指標とは、世界各国の政府や中央銀行、企業などがとりまとめて発表される経済に関する数値のことを指します。

数値には雇用に関することや物価に関することなどがあり、経済指標と一言で言っても、その種類は星の数ほどあります。

ただし、たくさんある経済指標の中でも、為替に大きな影響を与える経済指標はある程度決まっているので、あらかじめ重要度の高い経済指標をチェックしましょう。

為替に影響の大きい重要度の高い経済指標は大きく分類すると次の4つのカテゴリーです。

  1. 雇用に関する経済指標
  2. 景気に関する経済指標
  3. 物価に関する経済指標
  4. 金融政策に関する経済指標

重要度の高い経済指標の中でも、世界の基軸通貨であるアメリカドルに関係するアメリカ合衆国が発表するこれらの経済指標が最も影響が大きいと言えます。

つまり、XMで勝つためにはアメリカが発表する雇用・景気・物価・金融政策に関する経済指標をチェックすることが大事というわけです。

XMで勝つなら米国の主要経済指標は必ずチェックしよう

では、アメリカが発表する4つのカテゴリーに当てはまる重要な経済指標にはどのようなものがあるかというと、次の表になります。

雇用雇用統計・ADP雇用統計・新規失業保険申請件数など
景気国内総生産(GDP)・ISM製造業景況感指数・貿易収支など
物価消費者物価指数(CPI)など
金融政策FOMCなど

その他にも経済指標はたくさんありますが、まずは表の経済指標をチェックするだけでも十分にXMでの勝率は高まります。

雇用統計

米国雇用統計は毎月の第一金曜日に発表される雇用に関する経済指標です。

毎月12日を含む週のデータが集計され、3週間後の金曜日に発表されます。

雇用統計として一つで言われることが多いですが、実際には10以上の指標の総称が雇用統計という事になります。

雇用統計の中でも特にドルに影響が大きいのが、『非農業部門雇用者数』『失業率』『平均時給』になります。

非農業部門とは自営業や農業従事者を除いた会社員や公務員の就業者数の前月比の増減が発表されます。

雇用統計は直近のデータが発表されるので、リアルタイムの経済状況を把握しやすい指標として、多くのトレーダーが注目しているため、内容次第では為替が大きく動きます。

  • 毎月第一金曜日に発表がある
  • 非農業部門雇用者数、失業率、平均時給が特に注目される

国内総生産(GDP)

国内総生産は一定期間に生み出されたモノやサービスなどの付加価値の総額のことを指します。

英語では『Gross Domestic Product』の頭文字から『GDP』とよばれます。

国内総生産はモノやサービスが販売された価格から流通費やコストを差し引いた金額なので、言い換えれば一定期間にどれだけ稼いだかを示す指標ともいます。

また、米国の国内総生産は6割以上を個人消費が占めており、国内の景気の良し悪しを判断する指標としても活用できます。

国内総生産には『名目GDP』『実質GDP』の二つがあり、インフレを考慮した国内総生産が『実質GDP』となります。

  • 『名目GDP』・・・市場の価格で算出されたGDP
  • 『実質GDP』・・・名目GDPから物価変動の影響を取り除いたGDP

実質GDPでは、インフレを考慮することでより正確な経済成長の伸び率を知ることができるようになります。

  • GDPはモノやサービスの付加価値の総額
  • 予想値と結果に差が大きいと相場が大きな影響が出る

ISM製造業景況感指数

ISM製造業景況感指数は、全米供給管理協会(Institute for Supply Management)が毎月発表する景気に関する経済指標です。

300社以上の製造業の責任者を対象に受注、価格、生産、在庫などについてのアンケートをとり、とりまとめたデータがISM製造業景況感指数になります。

アンケートの回答は『悪化』『横ばい』『回復』の3択で行われます。

ISM製造業景況感指数の数値が50を上回ると景気が上向いていると判断し、逆に50を下回ると景気が減退していると判断します。

  • 毎月第一営業日に発表される
  • 企業担当者に3択のアンケートを行い集計
  • 50%が良し悪しの基準ラインになっている

貿易収支

貿易収支は、米国の輸出額と輸入額の差額を表した経済指標のことです。

FXでよく聞く実需勢とは貿易関係の企業などを指し、輸出入の取引の決済のために、為替を売り買いするので、為替が変動するわけです。

輸出と輸入のどちらが優勢かをチェックすることで今後の実需勢の動きも確認できますので、貿易収支も重要な経済指標と言えます。

特に米国は『双子の赤字』と呼ばれる財政赤字と貿易赤字を抱えているので、貿易赤字が拡大するとドル安になりやすい傾向があります。

  • 貿易黒字・・・輸出>輸入
  • 貿易赤字・・・輸出<輸入
  • 毎月20日前後に発表される

消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数とは、消費者がモノやサービスを購入する際の価格(物価)の変化を表した経済指標です。

Custmer Price Indexの頭文字をとって『CPI』とも呼ばれます。

消費者物価指数はインフレの状況を判断できるので、将来の公定歩合の引き上げ、引き下げにもつながるため多くのトレーダーが注目しています。

  • 毎月15日前後に前月分が発表される
  • 食品・エネルギー価格を除外した『コアCPI」がより重視される

FOMC

FOMCは連邦公開市場委員会(Federal Open Market Committee)と言い、アメリカの金融政策を決定する会合のことを指します。

年8回開催されるFOMCでは政策金利の決定や経済の見通しが発表されるため、為替にも大きな影響を与えます。

また、FOMCの後には総裁による会見が開かれ、その発言次第で為替が大きく動くことがあるので、トレーダーの多くが注目しています。

  • 6週間おきの火曜日に開催される
  • FRB(米連邦準備理事会)の委員が集まり政策金利や金融政策を話し合う

【ユーロメインの場合チェックすべき経済指標】

ユーロ/ドルを含めユーロの取引が多いトレーダーはユーロ圏の指標を確認しましょう。

ユーロ圏の4カテゴリー別の経済指標には次のようなものがあります。

雇用ユーロ圏失業率
景気ユーロ圏小売売上高
物価消費者物価指数(HCPI)
金融政策ECB

XMでの経済指標の確認方法

経済指標の確認方法は『XMのホームページ』や『MetaTrader』の指標カレンダーから確認するのが便利です。

XM経済指標カレンダーからの確認方法

XMの公式サイトでは経済指標カレンダーから各国の経済指標の発表時間や重要度を確認することができます。

公式サイトの経済指標カレンダーをクリックすると一覧が表示されます。

さらに個別に指標をクリックすれば、さらに詳しい内容を確認することもできます。

急激な価格変動の可能性もあるので、重要度の高い指標発表は事前にチェックしておくようにしましょう。

MT5で経済指標をチェックする方法

XMのメインプラットフォームであるMT4やMT5でも経済指標を確認することが可能です。

MT5ではチャートに発表時間が表示されるので、重要な指標発表に事前に備えることができるので便利です。

表示方法も非常に簡単で、ターミナルのタブ『指標カレンダー』をクリックします。

右クリックで更新もしくは『F5』を押せば、チャート下部に発表時間のチェックが表示されます。

重要指標が発表された前後のボラティリティを狙え

重要な指標発表の前後には多くの投資家が市場に参加しますので、ボラティリティも大きくなります。

特に事前予想とギャップのある結果だった場合、その結果を織り込みに行くのでボラティリティも非常に大きくなることも多くあります。

次のチャートをご覧ください。

2022年9月13日に8月米国消費者物価指数(CPI)が発表された時のドル円の1時間足です。

下落トレンドになりそうな場面でしたが、15:30のところで突如それまでの流れを無視して大陽線が発生しています。

8月消費者物価指数が事前予想を上回ったことで、FRBによる積極的な利上げが続くと多くの投資家が捉えたためです。

発表までの1時間足は値幅が大体50Pips前後であるのに対し、発表された時の1時間足の値幅は約300Pipsもあります。

  • 重要指標ではボラが大きくなる
  • 発表後もボラはしばらく大きいことが多い

重要指標の発表後のボラを狙ってトレードすることで利益を拡大することが可能なのでねらい目と言えるのです。

ただし、重要指標の発表前後は相場が非常に荒れますので、無理なエントリーは厳禁です。

経済指標を利用したトレード手法

でも、指標発表を利用してどんなエントリーをすればいいの?

そう感じているあなたのために、経済指標発表を利用したXMでのトレード方法をご紹介します。

重要な経済指標で多いく価格が動いた場合、その後の動きは大きく2つです。

  1. 大きく動いた方向にそのまま動く
  2. 大きく動いた後、元の方向に戻ろうとする

絶対ではないですが、長期トレンドの方向に大きく動いた場合はそのまま動き、長期トレンドと反対方向に大きく動いた場合はもとの価格に戻る動きをすることが多いです。

このことを踏まえて、先ほどの消費者物価指数発表後のドル円の5分足をご覧ください。

マルチタイムフレーム分析での長期足のトレンドは上向きです。

まず、指標発表でトレンド方向に大きく動きましたので、そのまま上昇していく流れを想定します。

次に価格が上昇しきった後に落ちてきて『押し目』となるポイントでエントリーを狙います。

チャートでは下髭の長い陽線を付けたポイントが押し目のエントリーのポイントと判断できます。

損切りは下髭を下抜けたところにセットしておきましょう。

押し目のポイントをローソク足だけで判断するのが難しいと感じる場合は、ストキャスティクスやRSIを組み合わせるとより精度の高いエントリーが可能です。

まとめ

経済指標を毎回チェックしてからトレードをするだけで価格変化に対応できるようになりますので、XMでの勝率は大きく上がります。

また、指標でボラティリティが大きくなった時に、冷静に対処できれば大きな利益を上げることも可能です。

当然最大1,000倍のレバレッジを使えるXMならば、他の国内業者に比べて利幅も大きくなります。

順張りと逆張りの手法で利益を増やせる機会を増やし、トレードチャンスを広げましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました