FX初心者が海外FXの「XM」で稼げる理由と稼ぎ方を詳細に解説

FX

海外FXは勝てないので利用しない方が良いと言った声をよく耳にします。

確かに国内FXと違う点もあるので、間違った方法だと勝率は下がってしまう事もあります。

しかし、だからと言って必ずしも国内FXが勝てるというわけでもないはずです。

肝心なのは、しっかりとFX業者の強みと弱みを理解して、勝率が高くなるトレードを行う事です。

ここでは、まずトレーダーが海外FXやXMに対して抱いている疑問や不安について解説していきます。

疑問や不安が払拭できれば、何故海外FX「XM」で口座を開設する日本人が多いのかが見えてきます。

その上で、海外FX「XM」を利用して効率よく利益を上げる方法を解説していきます。

海外FXを始めようか悩んでいるならば、是非本気記事を読んで頂き、「XM」の良さを知って頂きたいです。

FX初心者が海外FX「XM」に抱く疑問とは?

まず初めに、FX初心者が海外FXに対してどんな疑問を抱いているかを整理してみましょう。

挙がってきた疑問を詳細に解説していく事で、今感じている不安を払拭できるはずです。

『FX初心者が海外FXに抱く疑問』

  • 海外FXって違法なんじゃないの?
  • 国内FXと何が違うの?
  • ハイレバって危険なんじゃないの?
  • 税金とか面倒くさいんじゃないの?
  • いくらあれば始められるの?
  • 資金を預けるのが不安。だまし取られるんじゃないの?
  • 稼げないようになってるんじゃないの?

海外FXって違法なんじゃないの?

海外FXは違法じゃないので心配無用だよ。

海外FXは違法ではありません。

違法ではないのですが、日本の金融庁のライセンスではなく、海外のライセンスを取得して運営しているために違法と勘違いしている方が多くいるのも事実です。

そして、海外のライセンスにも様々あり、取得が簡単なライセンスから厳格な審査を通過しないと得られないライセンスまであります。

「XM」は、日本向けにサービスを提供している「XMTrading」が、セーシェルの金融ライセンスで運営しています。

一般的にセーシェルのライセンスは審査が緩いと言われていますが、XMの場合、レバレッジやボーナスの特典を維持する為にあえてセーシェルのライセンスを利用していると言えます。

その証拠に、「XM.COM」等のヨーロッパ向けにサービスを提供しているグループ会社は、世界一審査が厳しいと言われるイギリスのライセンスを取得しています。

「XM」は世界各国に金融サービスを提供しており、提供する国に応じて最適なライセンスを使い分けているという事です。

この点は、審査の緩いライセンス一本で営業をしている海外FXとは違い、信頼できるポイントと言えます。

国内FXと何が違うの?

国内と海外のどちらのライセンスで運営しているかの違いだよ。

国内FXと海外FXは、日本の金融庁のライセンスでサービスを提供しているか、海外のライセンスでサービスを提供しているかで区別されます。

例えば「OANDA」等の様に、外国籍の業者でも日本のライセンスでサービスを提供していれば、海外FXとは分類しない事が一般的です。

何故、海外のライセンスで運営するのかと言うと、国内FXでは実現できないレバレッジやボーナスを提供する事が出来るからです。

国内FXでは、最大レバレッジは25倍までしか提供出来ませんが、海外の場合は、500倍や1,000倍のレバレッジも可能です。

また、ボーナスについても、口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、多彩なボーナスが海外FXの魅力になっています。

その他、ゼロカットシステム等も海外FXのみが提供できるサービスになります。

「XM」でも最大888倍のレバレッジや充実したボーナスが人気を集めています。

ハイレバって危険なんじゃないの?

ハイレバは適切な資金管理が大事になってくるよ。

ハイレバレッジでのトレードは危険が伴うのでやめた方が良いというのは、よく耳にします。

確かにレバレッジが高くなると、リスクは高まります。

しかし、トレーダーの資金量や求める利益額等によって、リスクの許容度は変わってきますので、一概にハイレバレッジだから危険とも言い切れないわけです。

ハイレバレッジにはLOT数を多く持てたり、利益額を大きく出来るメリットがあります。

一方で、損失額も大きくなるといったデメリットもあります。

また、低レバレッジだから安全と言ったものでもありません。

レバレッジが低くても、損失は出ますし、損切りを躊躇えば、損失額も大きくなります。

結局のところ、ハイレバでも低レバでも、明確なトレードシナリオとルールを守ったトレードが大事という事になります。

但し、ルール通りのトレードを前提とした場合、同じ資金量ならば、ハイレバの方が利益額を大きく出来るのは事実です。

「XM」では最大888倍のレバレッジをかける事が出来ますので、その威力は海外FXの中でも随一です。

税金とか面倒くさいんじゃないの?

税金については、国内FXも海外FXも一定以上の利益については納税の義務が発生します。

税率や分類が国内FXと海外FXでは若干異なりますが、納税の手続き自体はどちらも大きく変わりません。

さらに利益額によっては、海外FXの方が税率で有利になる場合もあります。

いくらあれば始められるの?

海外FXでは、最低入金額の制限にもよりますが、大抵数千円程度からスタートする事が出来ます。

1回のトレードや月にどの位の利益を得るかにもよりますが、5万円程あれば、トレード次第では、サラリーマンの平均的なお小遣い額以上を稼ぐことも可能です。

国内FXでは数十万円必要な事が多いですが、海外FXでは数万円からでも充分始められますので、まずは試しに初めて見るのもいいかもしれません。

「XM」の場合、口座開設で3,000円の口座開設ボーナスがもらえる上に、888倍のレバレッジを活用すれば、LOT数も多く持つ事が可能です。

資金を預けるのが不安。だまし取られるんじゃないの?

海外FX=詐欺と誤解されている方もいるかもしれませんが、海外業者は、日本では知名度が低くても、世界的なグローバル企業である事も多いです。

もちろん海外FXの全てが安全というわけではありませんが、名の通った業者であれば、資産管理やライセンスもしっかりしており、信頼度は高いです。

不正やルール違反が無ければ、入出金のトラブルも聴く事はありません。

また、今ではネットで業者の評判や口コミもすぐに分かりますので、事前にリサーチした上で業者を選べば、資金を預けても安心な業者が見つかります。

「XM」は海外FXとして金融サービスを提供して10年以上の歴史を持っており、海外FX業者の中では老舗の部類に入ります。

大きなトラブルもなく営業を続けてきたからこその年数ですので、安心して資金を預ける事が出来ると言えます。

稼げないようになってるんじゃないの?

海外FX=不正と言った誤解もあるようですが、システムは国内FXと大きく変わりません。

むしろ発注方式の違いから見ると、海外FXの方が透明性は高いとも言えます。

ボーナスやトレード用プラットフォーム、ゼロカット等、トレーダーの取引環境の充実も申し分ないです。

資金が少ない場合は、レバレッジの観点から見ると、海外FXの方が稼ぎやすいと見る事も出来ます。

国内FXも海外FXもメリットとデメリットを持ち合わせていますので、それぞれを理解した上で、自分に合った業者を選ぶ事が肝心です。

どのように海外FXで稼げば良いのか?

FXで稼ぐには、分析とシナリオ作成が基本になってきます。

まずは、相場を分析し今後の動きを予測していきます。

自分の勝ちパターンを見出す事が出来れば、チャート分析で勝ちパターンを見つけ出し、利益を上げていく事が可能になります。

勝ちパターンの発見には、まず環境認識が必須になってきます。

最も幅広く相場の全体像を掴むには、マルチタイムフレーム分析を活用すると便利です。

『上がりそうだからとりあえず買ってみよう』と言ったエントリーを繰り返していると、稼ぐことは出来ません。

何故ならば、相場が動いても何処で利確をして、何処で損切りをするか決めていないと、決済に迷いが生じやすいからです。

損切りは出来ればしたくないと誰しもが思うはずですが、その気持ちが損切りの位置をずらしたり、価格が戻るまで決済しない等、トレードにブレを生んでしまうのです。

事前に決済ポイントを決めておけば、気持ちに左右されずにポイントを変更する事を避けられます。

稼げる自分のパターンはトレーダーによって違いますので、まずは自分の勝ちパターンを見つけるために、基本のエントリーとイグジットを繰り返し行いましょう。

勝ちへの近道は基本パターンを身につける事

FXトレードで稼ぐには、まずは基本のトレード手法を身につける事です。

トレードの基本は主に次の3つがあります。

〇上昇トレンドでの順張り

〇トレンド転換を狙った逆張り

〇レンジ相場でのブレイクから順張り

初心者向けの教科書等で多く説明されているのは、トレンドに沿った順張りエントリーです。

例えば、上昇トレンドの時に押し目や節目を超えた所で買いエントリーする方法です。

順張りとはトレンドに逆らわないエントリーですが、実際押し目を狙っていく時は上昇トレンドで一時的に下がった所の反発を狙うので、逆張りに近い部分もあります。

そうした事から、順張りといえども、逆張りの手法も知っておくべきと言えます。

逆張りは、それまでのトレンドが反転するタイミングを狙ってエントリーしていく方法です。

上昇トレンドが終わり、下降していくと判断した所で売りエントリーを狙っていきます。

トレンドの終わりには、特有のチャートパターンが出る事がありますので、そうしたパターンをサインにエントリーポイントを探っていくのです。

代表的なチャートパターンは、ダブルトップトリプルトップ三尊などがあります。

また、レンジ相場と言われる一定の幅の中を価格が上下に行き来している時に上げたら売り、下げたら買いでエントリーする手法もあります。

レンジ相場が続いている間は、往復で利益を上げられますので、レンジ相場を中心に仕掛けるトレーダーも沢山います。

最初は相場が上昇トレンド・下降トレンド・レンジ相場かどうか見極める力をつけましょう。

もちろんどこにも分類出来ない規則性の無い相場もありますので、そんな時は無理にエントリーしないで、静観しましょう。

順張りの押し目を狙ったエントリー

ここでは基本形の順張りの押し目を狙ったエントリーの具体例をご紹介します。

マルチタイムフレーム分析で、上昇トレンドと判断出来たら、下位足でエントリーポイントを探していきます。

エントリーポイントは、『押し目』ですので、上昇中に一旦調整で下がった所でエントリーします。

利確は節目やレジスタンスとなりそうな所に設定したり、波動で値幅の見当をつけていきます。

損切りも同様に、節目や損失許容額等から設定していきます。

実際のチャートで見ていきましょう。

日足

ドル円の日足チャートです。

それまで下降トレンドを形成していましたが、下げ止まりから安値と高値を切り上げて、上昇トレンドに転換していこうとしている場面です。

水色〇部分で直近高値を上抜けた事で、上昇は本格的と判断できます。

上向きが確定した事で、トレード戦略は『買い』となり、買いのエントリーポイントを見つけていきます。

1時間足

次に1時間足を見ていくと、移動平均線上で右上がりに上昇しています。

上昇の初期でエントリーも可能ですが、それまで下降が長かった分、はっきりと上昇を確認してからエントリーした方がリスクは減らせますので、丁度大きな水色〇辺りが絶好のエントリーポイントと言えます。

少し大きく下げて、長期の移動平均線にタッチし、再度上昇に復帰していますので、このポイントが押し目となります。

その後は、中期の移動平均線にタッチすすポイントで、買い増していく手法も有効です。

利確は黄色〇の移動平均線を割り込んだポイントになります。

損切りはエントリー後、価格が移動平均線を大きく下抜けて、ローソク足が確定した時に行います。

順張りの押し目でのエントリー手法は、チャートで押し目から再度トレンド方向に動きそうなポイントを見つけたら、後はエントリーするのみです。

エントリーのタイミングや損切り・利確のポイントはトレーダーによって変わってきますが、慣れれば自分のスタイルでエントリー出来るようになってきます。

まずはオーソドックスな順張り押し目をマスターしましょう。

知識と実践経験で自分のパターンを磨く

トレードは様々な理論や手法があるのですが、どれも理論通りにトレードしていたら稼げるというものでもありません。

但し、基本の手法をマスターする事で、チャート分析やエントリータイミングのスキルが上がります。

基本トレードを繰り返す事で自分の得意パターンが見つかりますので、そうなれば海外FXは稼げるフィールドとなります。

分析やトレードルールを日々見直しながら、今の相場に最適な自分なりのトレード手法を確立して、大きく稼ぎましょう。

トレード手法を確立するには、国内FXでも海外FXでも同じですが、レバレッジの違いから利益額まで考慮すると、海外FXの方が有利と言えます。

特に「XM」では、ボーナスやレバレッジが充実しているので、海外FXのメリットを最大活用しながらトレードが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました