【FX初心者向け】トレンドラインと水平線のチャートへの引き方

FX

『水平線』『トレンドライン』は、FXのチャートを分析する時にインディケーターと同様に使いこなすと非常に便利なツールです。

水平線やトレンドラインは簡単にチャートへ引く事ができて分かりやすいため、多くのトレーダーが活用しているツールでもあります。

インディケーター以上に使いやすく効果も高い『水平線』や『トレンドライン』は、マスターすれば必ずチャート分析力をアップできます。

本記事では『水平線』と『トレンドライン』の引き方や基本を詳細に解説していきます。

FX初心者でチャートへのラインの引き方がまだあいまいなトレーダーには是非読んで頂きたい内容です。

FXで使う水平線とはどういったものか?

水平線とは、チャート上の横軸に対してに水平に引かれたラインの事です。

チャートは細かい上下動を繰り返しながら上げたり下げたりしますが、よく見るといつも同じ価格で跳ね返されたり、節目で反転したりしています。

そうした多くのトレーダーに意識されているポイントに水平に引いた線が水平線です。

そして、水平線とローソク足の接点が多ければ多いほど、その価格が強く意識されている事になります。

強く機能している水平線を活用すれば、上昇トレンド中の押し目買いエントリーができたりします。

また、反転ポイントでの逆張りのエントリーとしても使う事ができます。

さらに、意識されている水平線を強く抜けた所から強いトレンドが始まる事も多いです。

水平線の性質を利用すれば、順張りのエントリーとしても逆張りのエントリーとしても使う事ができるのです。

水平線を使いこなす事でチャート分析はもちろんですが、エントリーの幅も広げる事が可能です。

トレンドラインとはどのようなものか?

トレンドラインとは、トレンドの方向に切り上げた価格や切り下げた価格を結んだラインです。

例えば、上昇トレンドが発生していて安値を切り上げている時は、チャートは右上がりにジグザグにチャートを形成していきます。

上昇トレンドの安値と安値を結んだ線がトレンドラインとなり、上昇トレンドの時はそのラインでサポートされる事が多いです。

トレンドラインは別名『サポートライン(支持線)』と呼ばれる事もあります。

トレンドラインを活用したエントリーでは、価格がトレンドラインに接した点から、買いを入れたりする事に使えます。

また、トレンドラインを割った地点をトレンドの終了として、利確ポイントとする事もできます。

下降トレンドの場合は、上昇時の逆で使うことができます。

下降トレンドに引かれたトレンドラインは『レジスタンスライン(抵抗線)』と呼ばれる事もあります。

水平線とトレンドラインの引き方

それでは実際のチャートに水平線とトレンドラインを引いてみましょう。

2019年11月26日~12月18日頃までのドル円の1時間足です。

下落からヨコヨコに移行し、再度上昇に向かっているチャートです。

水平線を引かなくても分かり易いですが、3本水平線を引いてみます。

どうでしょうか。

水平線とトレンドラインを引いた事で、より値動きが分かり易くなりました。

①~③の水平線は次のように意識されています。

①108.416円が『底』として意識されている。

②108.940円が下降時はレジスタンス、ヨコヨコ時はレンジの上下限、上昇時はサポートとして意識されている。

③109.711がレジスタンス(天井)として意識されている。

黄色丸のポイントで値動きが変わっている事が、ラインを引くとより分かり易くなります。

さらに水平線に加えてトレンドラインも同じチャートに引いてみましょう。

トレンド継続時はレジスタンスとサポートになり、トレンドラインを割れると、それまでのトレンドが変わっている事が分かります。

水平線とトレンドラインに明確に決まりはありません。

自分でチャートを見た時に意識されていそうなポイントに思い切って引いてみて下さい。

慣れてくると、精度が上がってきます。

トレンドラインだけは、安値と高値を形成する起点を結ぶという決まりがあります。

チャート右側の2本のラインで確認して下さい。

意外と×印の付いたラインを引いてしまいがちですが、こちらも慣れれば正しく機能するラインを引けるようになります。

また、ラインぴったりで必ずサポートされるわけではないので、誤差が出る事も理解しておきましょう。

さらに、最初はローソク足の実体に引くのか、髭の先に引くのかも迷う所ですが、正直どっちでもOKです。

私は両方試した結果、髭の先でラインを引いています。

平行線やトレンドラインの活用例

先の説明でもあった通り、水平線やトレンドラインはレジスタンスやサポートされるポイントになります。

そのポイントを狙って、順張りや逆張りで入るのが最も簡単です。

また、『レジサポ転換』と言ってトレンドが出始める際に、それまでのサポートラインがレジスタンスラインに転換する事が良くあります。

このタイミングで買いや売りで入る方法も有効です。

まずは自分なりの引き方とタイミングを見つけてみて下さい。

表示しているMT4のチャートが使える。

コメント

  1. […] 水平線とトレンドラインについて詳しくはこちら 【FX初心者向け】トレンドラインと水平線のチャートへの引き方FXのチャー… […]

タイトルとURLをコピーしました