XMのプラットフォームMT4とMT5はどんなトレードが可能か?

FX

「XM」のメインプラットフォームは、口座開設時にMT4かMT5を選択できるようになっています。

世界的には広く利用されているMT4とMT5ですが、この2つのプラットフォームを使うとどんなトレードが出来る様になるのでしょうか?

ここでは、「XM」で利用可能なMT4とMT5の詳細や、トレードに役立つおすすめ手法を詳細に解説していきます。

海外FXの定番であるMT4とMT5を使いこなしてトレードの幅を広げましょう。

MT4は世界で一番利用されているプラットフォーム

MT4は、ロシアのMetaQuotes社が開発したFXトレードのプラットフォームです。

カスタマイズ性や操作性の高さから多くのトレーダーの支持を得ており、今では世界で一番普及しているプラットフォームと言われています。

海外FXの場合は、ほとんどの業者がMT4やMT5をメインプラットフォームとしています。

対して、国内FXの場合は、オリジナルのプラットフォームを提供している事が多いので、国内FXでMT4やMT5を使える業者は限られているというのが現状です。

MetaTraderが支持される理由

それでは、なぜMetaTraderが世界で支持されているのでしょうか?

MetaTraderが多くのトレーダーに選ばれている理由にはいくつかあります。

  • 表示できるチャートやインディケーターが豊富
  • チャートやインディケーターのカスタマイズが可能
  • 自動売買のプログラムが豊富
  • 自動売買のEAをカスタマイズが可能

何と言ってもMetaTraderが支持される理由は、カスタマイズ性が高い事にあります。

自作のインディケーターや自動売買のプログラムを使用出来たり、他の人が作ったプログラムを自分のプラットフォームで稼働させることも出来ます。

実際、MT4の自動売買のEAは無数にあり、プログラム自体の売買も行われている程です。

自分で優秀なプログラムを作成する事も可能ですが、自分で作れなくても、優秀なプログラムを取り入れる事も可能というわけです。

こうした汎用性の高さがMT4が世界で選ばれている大きな理由です。

MT4とMT5は何が違うのか

MetaTraderには、現在ダウンロードできるものはMT4とMT5があります。

業者によってどちらか一方しか対応していない事もありますが、「XM」ではMT4とMT5の両方を使う事が可能です。

そうなるとどちらを使うべきか迷ってしまうところですが、2つの特徴を簡単に比較すると次の表の様になります。

 MT4MT5
リリース年2005年2010年
動作スピード普通早い
表示時間足9種類21種類
初期インディケーター数普通多い
カスタムインディケーター数多い少なめ
注文方法普通多い
定期アップデート無し有り

MT5の方が性能は高いのですが、普及が進まないのは、MT4のカスタムインディケーターやEAがMT5では使えない為です。

これまでMT4を使ってきたトレーダーの乗り換えが進まない事が普及を遅らせている原因と言えます。

なので、これからトレードを始める方や自動売買は基本的に行わないトレーダーにとっては、性能の良いMT5を選んだ方が良いとも言えます。

どちらを選ぶかは自分のトレードスタイルに合わせて選択しましょう。

XMでMT4(MT5)を使って出来るようになるトレード

「XM」でMT4やMT5を活用すれば次のようなトレードが可能になります。

  • カスタムインディケーターをチャートに表示させたトレード
  • オリジナルEAを使った自動売買
  • 無料・有料EAを取り込んだ自動売買

MT4やMT5を導入すれば、カスタムインディケーターを取り込む事が出来るので、チャート上にオリジナルの売買サインを表示する事なども可能です。

「XM」で口座開設した際に標準装備されているインディケーターに加え、カスタムインディケーターを重ねて利用する事で、よりエントリーやイグジットの精度を高める事も可能となります。

自動売買においても、自作・他作を問わず多くのEAを活用できるので、トレードの選択肢を広げる事が可能です。

MT4(MT5)でのおすすめトレード方法

「XM」でMT4(MT5)を利用したおすすめのトレード方法は、マルチタイムフレーム分析を利用した順張り手法です。

大きなトレンドが発生している時の押し目や戻り高値を狙ってエントリーしていきます。

ここではMT5を使って実際の画面で説明していきます。

マルチタイムフレーム分析でトレンドを判断

まずは、画面に日足、4時間足、1時間足、5分足の4つの時間足チャートを表示させます。

そして、上位足から順番にトレンドの方向を判断していきます。

図のチャートでは、それぞれの時間足が右上がりなので、上昇トレンドと判断できます。

トレンドの判断の際には、移動平均線やトレンド系のインディケーターを活用すると、より簡単にトレンド判断が出来ます。

上位足でトレンドが判断出来たら、5分足で押し目や戻り高値を狙ってエントリーします。

上位足では上昇トレンドと判断出来たので、ここでは押し目のエントリーを狙っていきます。

丁度黄色線の辺りで2回跳ね返されて、上昇に転じようとしているので、赤丸の押し目でエントリーしていきます。

利確ポイントは、上位足のトレンドが崩れたタイミングとなります。

エントリーの際には、オシレーター系のインディケーターを併用すると、押し目や戻り高値がより判断しやすくなるので、一緒に表示させても良いでしょう。

トレンドに逆らわず自分のタイミングを見極めてエントリー出来る様になるとベストです。

利益確定にはトレイリングストップが便利

利益確定の際には、『トレイリングストップ』を入れておくと便利です。

『トレイリングストップ』とは、あらかじめ設定した値幅を維持しながら逆指値が変動する注文方法です。

価格に応じて損切りラインが切り上がるので、トレンドが発生している時には特に有効です。

例えば、100.00円で買いでエントリーした後に、価格が緩やかに101.00円まで上がった場面を想定してみます。

エントリーした後に、10Pips幅でトレイリングストップを入れたとすると、価格が100.10円になった時に、100.00円に逆指値が発注されます。

その後、価格が100.20円になると、逆指値は100.10円に切り上がります。

この様に、価格に応じて逆指値が切り上がるので、利益を確保した上で、さらなる上昇でプラスの利益も狙う事が出来ます。

チャートを長く見られない時にも便利な機能です。

MT4でトレードするには対応した業者で口座開設が必要

MT4やMT5でトレードを行うには、対応しているFX業者で口座開設をする必要があります。

「XM」では口座開設する際に、メインプラットフォームをMT4とMT5のどちらにするかを選ぶ事が出来ます。

口座開設が完了すれば、ダウンロードしたMT4(MT5)を起動し、ログインすればすぐにトレードを開始できます。

お試しならデモ口座の開設も可能

もし、MT4(MT5)の操作性や利便性をお試しで使ってみたい場合は、デモ口座を開設すれば可能です。

デモ口座では、実際の取引きと同様にMT4(MT5)を使ってトレードを行う事が出来ます。

海外FXを始める前に、ハイレバレッジの感覚を掴んだり、トレードの練習をするのにもデモ口座は活用できます。

もちろん「XM」でもデモ口座の開設が可能です。

通常の口座開設の要領で必要事項を入力すれば、すぐに口座開設が出来ますので、まずはトレードを始めてみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました