MT4とMT5は結局どっちがいいの?2つの違いを徹底比較!!

FX

「MT4とMT5のどちらをダウンロードすればいいの?」

そう悩まれているFXトレーダーも多いのではないでしょうか。

そんな私もダウンロードする際に、どちらにするか悩んで、ネットで検索して色々調べた結果、MT5を選択しました。

調べている中では、MT4を推しているサイトがとても多かったのですが、MT5が自分のトレードスタイルに合っていると思った為、MT5にしました。

世界的に見ると、MT4の方がMT5よりもシェア率が圧倒的に多いですが、実際には、裁量メインのトレーダーにとっては、MT5の方が良い場合もあります。

ここではMT4とMT5の両方の特徴を解説しながら違いを比較してみました。

メインプラットフォームにどちらを選ぶか悩んでいるトレーダーやMT5への乗り換えを考えているトレーダーの参考になれば幸いです。

Meta Traderとは

そもそも、Meta Traderとは、ロシアのMeta Quotes社が開発したFXのプラットフォームの事です。

そして現在利用可能なのは、『MT4』と『MT5』の2種類です。

その中でも、MT4は世界で一番普及している取引プラットフォームです。

なぜここまで普及しているかと言うと、チャートの表示や売買注文などの基本的な機能はもちろんのこと、高度な分析を可能にする汎用性が優れているからです。

MT4やMT5は、オリジナルの自動売買システム(EA)や指標(カスタムインジケーター)を作ったり、誰かが開発したプログラムをダウンロードして使う事が出来る点が特に優れていると言えます。

標準のインディケーターだけでも充実していますが、オリジナルのインディケーターを含めると、無限に種類がある事になります。

こうした取引きに使う分析ツールなどを自分好みにカスタマイズできる事で、様々な分析を可能にし、多くのトレーダーに受け入れられているのです。

国内FX業者の場合、多くは自社のオリジナルプラットフォームを提供しており、機能はほぼ固定されています。

その為、仮に自分のオリジナルの指標を使いたいと考えても、プラットフォーム内に取り込む事は難しいです。

MetaTraderではプラットフォーム上にプログラムを取り込める点が他と大きく異なり、これが汎用性の高さに繋がっています。

MT4とMT5 の基本スペック比較

それでは、MT4とMT5はどういった違いがあるのでしょうか。

基本的なスペックを比較できるように一覧にした表が次になります。

  MT4    MT5  
リリース年2005年2010年
動作スピード普通早い
メモリ使用量少ない多い
時間足9種類21種類
標準インディケーター普通多い
カスタムインディケーター多い少ない
描画オブジェクト普通多い
注文方法少ない多い
EAの種類多い少ない
アップデート

MT4は2005年、MT5は2010年のリリースなので、MT5の方が新しいプラットフォームです。

更にMT5はMT4に比べ、動作スピードが速くなり、表示できる時間足が増えています。

その他、表示形式が若干変わっていたりしますが、MT4もMT5も操作性はほとんど同じです。

MetaQuotes社はスペックが向上したMT5の普及を推進していますが、なかなか進んではいません。

MT5の普及が遅れている理由

単純にMT5の方が利便性が高まって良いように感じますが、MT4がいまだに多く使われているのは、互換性の問題です。

MT4が世界的に普及した一因は、EAやインジケーターのカスタムが可能だからです。

しかし、MT5ではMT4のEAやカスタムインジケーターがそのまま使えない為、乗り換えをためらっているユーザーが多くいるのです。

この互換性のなさがMT5の普及が進まず、いまだにMT4を使っているユーザーが多い一番の理由です。

また、MT5に対応しているFX会社が少ない事も影響していると思われます。

結局MT4とMT5のどちらを利用すべきなのか

先にも述べた通り、MT5の普及が進まない理由は、EAやカスタムインジケーターの種類の少なさやMT4との互換性の悪さです。

性能面ではMT5の方が勝っていると言えますので、新しくMeta Traderを利用するならば、MT5がおすすめです。

特に、裁量取引きで、一般的なインジケーター等が揃っていれば問題ない場合は、MT5の方がスピードが速いので有利です。

アップデートの頻度や対応FX会社が増えてきている点から考えても、MT5にしておいて損は無いと思います。

逆に、自動売買(EA)やカスタムインジケーターの利用を考えている場合は、MT4を選ぶ事をお勧めします。

無料プログラムや有料プログラムは、MT4用に作られている事が多いので、自動売買メインで考えているトレーダーは、多くのEAを選択する事が出来るからです。

もちろん使いたいEAやカスタムインディケーターがMT5に対応していれば、MT5を活用する方がより快適に動作します。

どちらを選ぶかは、自分のトレードスタイルに応じてチョイスしましょう。

【MT5が向いているトレーダー】

  • これからFXをはじめるトレーダー
  • 裁量取引がメインのトレーダー

【MT4が向いているトレーダー】

  • 自動売買がメインのトレーダー
  • カスタムインディケーターやEAを利用したいトレーダー
  • これまでMT4を愛用しているトレーダー

MT5が使えるFX会社

国内FX会社でMT5が使える会社はほとんどありません。

海外FX会社では、MT5対応会社が増えてきており、主要な業者だと「XM」「Titan FX」「FBS」等があります。

中でも「XM」は日本人の口座開設数も多いので、サポートも充実しており安心です。

  MT4対応会社    MT5対応会社  
XM
GemForex
HotForex
AXIORY
TITAN FX
FBS
LAND-FX
XM
HotForex
TITAN FX
FBS
LAND-FX
TRADEVIEW
FXGT

コメント

  1. […] […]

  2. […] MT4とMT5は結局どっちがいいの?2つの違いを徹底比較!!「MT4とMT5のどちら… […]

タイトルとURLをコピーしました