海外FX「XM」と国内FXの違いは何?XMを利用するメリットとは

FX

『海外FX業者と国内FX業者はどこで区別されるのか?』

『海外FX業者の「XM」を利用するとどんなメリットがあるのか?』

本記事では、海外FX「XM」と国内FXを比較しながら、違いを詳細に解説していきます。

国内FXでは実現出来ない海外FX業者「XM」ならではのサービスをフル活用して、トレードをより有利に進めましょう。

海外FX業者とは

そもそも、海外FX業者とはどのような業者を指すのでしょうか。

主にFX業者は、『海外FX業者』と『国内FX業者』の2つに分類されます。

どちらもトレーダーにFXサービスを提供しているのは同じですが、日本の金融庁から認可を受けているか否かが違います。

国内FX業者:日本の金融庁の認可を受けて運営しているFX業者

海外FX業者:日本以外の金融ライセンス等で運営しているFX業者

日本の認可を受けているのと受けていないのとでは何が違うのかと言うと、提供できるサービスの内容が変わってきます。

国内FX業者の場合、日本の法律に則ってサービスを提供しなくてはなりません。

しかし、海外FX業者の場合、日本以外の認可を受けて営業していますので、日本の法律の縛りを受けない為、国内FX業者では提供できないサービスを提供出来たりするのです。

例えば、ハイレバレッジやゼロカットシステム等がこれにあたります。

海外FX業者は違法なのか?

海外FX業者は、金融庁の認可を受けていないので違法と思われているトレーダーもいるかもしれませんが、違法ではありません。

認可を受けている国や地域が違うというだけなのです。

また、海外FX業者=あやしい会社と思われているトレーダーもいるかもしれません。

確かに会社の全体像が見えにくい分、あやしく感じてしまう点も多いです。

但し、どこ国の金融ライセンスを取得するにしても、会社の財務状況や顧客の資産管理方法などを細かくチェックされた上で審査にパスする必要があります。

その為、金融ライセンスを保有しているFX業者という事は、一定の信頼度があると言えます。

しかし、金融ライセンスを保有していない海外FX業者で口座を開設する場合には注意が必要です。

海外FX業者「XM」と国内FXの違いとは

「XM」と国内FXのサービスを比較する事で、それぞれの違いを詳細に解説していきます。

海外FX業者「XM」を利用するメリットが沢山ある事がお分かり頂けると思います。

レバレッジの違い

「XM」では最大888倍のレバレッジでトレードする事が出来ます。

国内FXの場合は、最大で25倍までのレバレッジと決まっています。

ハイレバレッジでのトレードが出来る点は、海外FXのメリットの一つと言えます。

特に「XM」の最大レバレッジは、海外FXの平均500倍前後を上回っており、非常に魅力的な倍率になっています。

何故レバレッジが高い事がメリットになるのかと言うと、資金効率を高める事が出来るからです。

単純に同じ額の資金でもレバレッジが大きいと、より多くのポジションを持つ事が可能になります。

例えば、1ドル100円の時に5万円の資金でドルを買うとします。

この時「XM」の888倍のレバレッジだと、約44万通貨のポジションを持つ事が出来ます。

これが国内FXの25倍のレバレッジだと、約1.2万通貨までしかポジションを持つ事が出来ません。

≪XMの場合≫

50,000円×888倍÷100円=444,000通貨

≪国内FXの場合≫

50,000円×25倍÷100円=12,500通貨

仮に100.00円から100.10円になって利益確定したとします。

この時「XM」では、約44,000円利益になります。

国内FXだと、約1,200円の利益です。

同じ資金量で、同じPipsを獲得しても、利益額に4万円以上の差がでます。

レバレッジが大きいと、資金効率を高める事が出来るのです。

注意が必要なのは、利益が大きくなる分、損失額も伴って大きくなるという事です。

実際にフルレバレッジでポジションを持つのは非常にリスクが高いので、適切な資金管理を行いながら、レバレッジを活用する事をおすすめします。

ロスカットの違い

海外FXの場合、ゼロカットシステムが採用されている事が多く、このシステムも海外FXのメリットと言えます。

もちろん「XM」でもゼロカットシステムを採用しています。

ゼロカットシステムとは、万が一口座残高がマイナスになる損失が発生したとしても、口座残高がリセットされるシステムです。

つまり、損失で口座残高がマイナスになっても、トレーダーに請求されず、FX業者が補填してくれるのです。

時に予想外な値動きで大きく価格が動く事のあるFXにおいて、ゼロカットシステムはトレーダーが安心してトレードするためのシステムと言えます。

国内FXの場合だと、損失の補填が日本の法律に触れてしまう為、ゼロカットシステムを採用する事が出来ません。

その為、口座にマイナスが発生すると、トレーダーにマイナス分の支払いも求められることになります。

そうした事から、国内FXは、海外FXに比べてロスカット水準が高めに設定されています。

一般的に、強制ロスカットの水準は、国内FXで50%、海外FXで20%が平均値です。

「XM」でも証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットとなります。

また、国内FXの場合は、証拠金維持率が100%を下回ると、追加の証拠金を求められます。

いわゆる『追証』と呼ばれるものですが、国内FXの場合は、損失が膨らむと入金した証拠金以上に資金が必要になる可能性があります。

海外FXの場合は、追証なしのゼロカットなので、初期の資金以上にマイナスが膨らむことはありません。

「XM」も追証なしで、ロスカット水準20%となっているので、追加の資金の心配をせずに、証拠金ギリギリまでポジションを持つ事が出来ます。

ボーナスの違い

海外FXと国内FXでは、ボーナスの内容も大きく違います。

海外FXでは様々なボーナスが用意されており、充実した内容である事が多いです。

事実、ボーナスを利用するために海外FXの口座を開設するトレーダーも多くいる程です。

ボーナスもまた、海外FXのメリットと言えます。

ボーナスとは、ポイントのようなもので、付与されたボーナスは証拠金の一部として、トレードに利用する事が出来ます。

海外FXの場合、ボーナス自体は出金する事は出来ませんが、ボーナスを利用して得た利益の出金は可能な事が多いです。

国内FXだとキャッシュバック等がボーナスにあたるのですが、出金出来るというメリットはあるものの、付与率が非常に低いのがデメリットと言えます。

海外FXでは付与されたボーナスは再度トレードに活用するという考えなので、付与されるボーナス額もまとまった額になります。

逆に国内FXはトレードに活用するというよりは、ポイントカードにポイントを貯めるイメージでボーナスが付与される為、無いよりは良いかなと言った付与額になる事が多いです。

XMのボーナスプログラム

「XM」には3種類のボーナスがあります。

口座開設ボーナス:口座を開設すると付与されるボーナス

入金ボーナス:口座に入金すると付与されるボーナス

ロイヤリティボーナス:取引き量に応じて付与されるボーナス

口座開設ボーナス

「XM」では、入金をしなくても口座開設すると、3,000円の口座開設ボーナスが付与されます。

入金ボーナス

「XM」では、口座開設後の入金額に対して、最初の500ドルまでが100%、以降5,000ドルまでが20%入金ボーナスが付与されます。

ロイヤリティボーナス

「XM」では、XMP(XMポイント)と呼ばれており、1LOT(10万通貨)に対して、最大で20ポイント(XMP)が付与されます。

発注方式の違い

海外FXと国内FXでは、発注方式が異なる事も多いです。

FXの発注方式には大きく分けると、『DD(ディーリングデスク)方式』と『NDD(ノンディーリングデスク方式』の2つがあります。

主に国内FXは『DD方式』を採用しており、海外FXは『NDD方式』を採用しています。

「XM」も海外FX業者なので、NDD方式を採用しています。

DD方式(ディーリングデスク方式)とは

DD方式とは、トレーダーと発注先のインターバンクの間にFX業者が挟まる発注方式を指します。

トレーダーから受けた注文をインターバンクに流さず、自社内で注文をマッチングさせる事が出来るので、業者はスプレッドとは別に収益を得る事が出来るのがDD方式です。

業者の利益が増える分、スプレッドを狭くしたりする事でトレーダーに利益還元されるのはメリットと言えます。

ところが、DD方式では、トレーダーの利益が業者の損失となってしまう為、トレーダーとFX業者の間でウィンウィンの関係になりません。

その結果、約定拒否やストップ狩りといった、トレーダーにとってはマイナスとなることが起こったりします。

NDD方式(ノンディーリング方式)とは

NDD方式とは、トレーダーとインターバンクの間に業者は挟まらず、注文は直接インターバンクに流れてマッチングされる発注方式を指します。

業者が間に入らないので、約定拒否やストップ狩りが起こらず、取引きの透明性が高まるというメリットがあります。

NDD方式では、業者はスプレッドが主な収益源になる為、DD方式よりもスプレッドが広がりやすいというデメリットがあります。

入金方法の違い

国内FXと海外FXでは入金方法にも違いがあります。

国内FXの主な入金方法は銀行振り込みですが、海外FXでは多くの入金方法が用意されています。

海外FXでは次のような入金方法があります。

  • 銀行振込(国内銀行振込、海外銀行送金)
  • クレジットカード
  • オンラインウォレット
  • 仮想通貨

海外FXの場合は、クレジットカードやオンラインウォレットから入金する方法が一般的になっています。

「XM」では、銀行振込、クレジットカード、オンラインウォレットでの入金が可能です。

クレジットカードやオンラインウォレットでの入金は、手続き後即時に反映されるので、銀行振り込みと違い、翌日口座に反映されるといったタイムラグもありません。

タイムラグもなく多様な入金方法を選べる点は、海外FXのメリットと言えます。

税金の違い

税金においても、国内FXと海外FXには違いがあります。

国内FXの場合は、申告分離課税なので、FXの利益のみで税金を計算する事が出来て、税率は約20%です。

また、源泉徴収で自分で確定申告をせず、納税する事も可能です。

これが海外FXになると、得た利益は「雑所得」となります。

さらに総合課税の為、その他の所得がある場合は、合算した総所得額に対して税率が決まります。

海外FXの税率は、大体5%~45%までで、利益額に応じて変わってきます。

どちらの方が税金が安くなるのか気になる所ですが、ざっくり総所得額が400万円を超えてくると、海外FXの方が税率が高くなります。

安心して資金効率を高めたいトレーダーに「XM」はおすすめ

海外FX業者の「XM」は国内FXと比較すると多くの違いがありますが、トレーダーにとってはメリットとなる点が多いです。

特にレバレッジやロスカットについては、安心してトレードが出来る上に、資金効率を大きく高める事が出来ます。

中でも「XM」は海外FXの中でも大きなレバレッジを利かせる事が出来るので、より大きなトレードをしたい方にはおすすめです。

日本人向けのサポートも充実した「XM」で口座を開設して、海外FXでのトレードを始めましょう。

コメント

  1. […] XMと国内FXの違いについて詳しくはこちら 海外FX「XM」と国内FXの違いは何?XMを利用するメリットとは『海外FX業者と… […]

タイトルとURLをコピーしました