自分の負けパターンを知って、ルール作りに活かす

未分類

FXでは、自分の癖を知る事が出来ると、ルール作りに活かす事が出来ます。

毎回同じような負け方を繰り返してしまう場合は、負けのパターンを知る事で、同じような場面に遭遇した時に、負けを回避できるようになります。

その為には、トレードの記録をつけたりする事で、トレードの振り返りと共に、自分を見つめ直す事が重要です。

取引履歴をつけて振り返る

トレードの上達を望むなら、取引き履歴の記録を付けるのは、必須です。

履歴を付ける事で、後から様々な点を振り返る事が出来るようになります。

  • ルールを順守できたか
  • エントリー前の環境認識が正しかったか
  • 決められた損切り(利確)ポイントを守れたか
  • 損切り(利確)ポイントは正しかったか
  • 想定外の値動きにどう対処したか

ルールを順守してトレード出来ていれば、結果はさておき、良いトレードと言えますが、問題はルールを歪めてトレードしてしまった時です。

そういう時は、自分の悪い癖が出がちでもあります。

例えば、損切りを当初の想定よりずらしてしまったり、早めの利確をしてしまったりしてしまいがちです。

時には、マイナスを取り戻すために、シナリオもない状態で、エントリーしてしまったりすることもあるかもしれません。

ルールやシナリオが守られていない状態だと、自分のメンタル状態によって、取引き内容が大きく変わってしまいます。

加えて、都合よく自分のルールを解釈してしまったりするので、注意が必要です。

損失が嵩んでいたりすると、取り戻そうという気持ちで冷静な判断が出来なくなったりする人は注意が必要です。

それらの自分の癖を取引き記録を付けると、振り返った時に気づく事が出来ます。

エントリー前は冷静でも、エントリー後や含み損を抱えると熱くなって、冷静な判断が出来なくなったりする人は、振り返りが効果的です。

勝ちパターンと負けパターンを知る

記録を繰り返し付ける事で、勝ちパターンと負けパターンや自分の癖がより鮮明に見えてきます。

相場は自分の想定通りに動く事は少ないですが、似たような相場環境においては、近い動きをすることがあります。

記録を繰り返し付けていると、そのパターンに気づく事があります。

パターンに気づけば、チャートの値動きが自分の勝ちパターンに来たらエントリーするだけで良いのです。

負けパターンが来た時は、無理にエントリーせずに、様子を見れば良いだけです。

自分の勝ちと負けのパターンを見つけるために記録をしていくイメージです。

振り返りの反復が分析力の強化にも繋がり、多くの気づきをもたらしてくれます。

ルールとシナリオ作りに活かす

ルールとシナリオは常に修正をしていく必要があります。

勝ちパターンであっても、利確のポイントが適正なのかを見直すことで、利益を伸ばす事が出来るかもしれません。

負けパターンも、単にエントリーを避けるだけではなく、損切りやエントリーのタイミングを変える事で、勝ちパターンに出来るかもしれません。

パターンを修正するには、環境認識・エントリーポイント・イグジットポイントなど、シナリオ作りの際の認識も見直す必要があります。

振り返りと修正の繰り返しが、ルールやシナリオの精度を向上させてくれるのです。

トレード上達の近道は、自分を見つめ直す事

FXの上達を目指す為には、色々の事が必要になってきます。

上達への一つとして、自分の弱さや習性を理解し、そこをカバーする自分なりのルールを設定出来れば、間違えなく自分の支えになってくれます。

トレードを振り返る中で、自分の弱さを認めたくなかったり、癖を直そうと思っても、何度も同じミスを繰り返す事もあるかもしれません。

その度に自分が嫌になる事もあると思います。

ただ、まずは自分の弱さやダメな所を理解することが、第一歩である事は間違いありません。

そこに気づけただけでも大きな一歩を踏み出せたんだと考えて、次に進みましょう。

あきらめずに自分を見つめ続け、修正し続けた先に、利益が待っているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました