「XM」のゼロカットシステムを解説!海外FXだけの安心システム

FX

海外FX業者の「XM」では、ゼロカットシステムを採用しています。

投資家にマイナス分の補填を求めないゼロカットシステムは、ハイレバレッジトレーダーにとってはメリットの大きいシステムです。

ここでは、「XM」のゼロカットシステムの詳細を解説していきます。

国内FXでは実現できないゼロカットシステムを「XM」で活用して、安心のトレードを行いましょう。

XMのロスカット水準は有効証拠金維持率20%未満

「XM」のロスカット水準は、証拠金維持率20%以下となっています。

証拠金維持率が20%を下回ると、強制的にポジションがロスカットされます。

海外FXでは、ロスカット水準20%というのは、平均的な水準と言えます。

ロスカット水準が低く設定されていると、損失を抱えてもそれだけ長くポジションを持つ事が出来ます。

つまり、含み損を長く引っばれるので、逆行から切り返す場面では、ロスカットされずに堪えられる可能性が高いという事です。

但し、当然それだけロスカットされた時の損失額も大きくなるので、強制ロスカット後に残る証拠金は少なくなってしまいます。

ゼロカットではマイナスをXMが補填してくれる

通常強制ロスカットにかかる時の証拠金維持率は20%以下ですので、すぐにロスカットが約定されれば、証拠金がマイナスになる事はありません。

しかし、突発的で値動きが激しい状態で強制ロスカットにかかると、約定が間に合わず、証拠金がマイナスで決済されてしまう事があります。

そのような状況で口座残高がマイナスになった時でも、「XM」のゼロカットシステムでは、口座残高が0にリセットされます。

つまり、口座残高以上のマイナスは発生する事はありません。

マイナスになってしまった分は、「XM」が補填をしてくれているというわけです。

国内FXの場合は、口座残高にマイナスが発生すると、マイナス分の支払いもトレーダーに求められます。

万が一マイナスになると、国内FXの場合は、口座残高以上に損失が発生する可能性があります。

国内FXでゼロカットが出来ない理由

海外FXで多く採用されているゼロカットですが、国内FXでは提供する事が出来ません。

そこには、日本の法律が関係しています。

口座のマイナスを補填するゼロカットシステムは、トレーダーに利益を供与する事になり、日本の法律では行う事が出来ないのです。

その為、日本の法律の縛りを受けない海外FX業者のみ採用出来るというわけです。

ハイレバレッジでトレードする事の多い海外FXの場合、ゼロカットシステムは資金を守る上で非常に重要なシステムです。

XMのゼロカットのメリット

「XM」のゼロカットシステムのメリットは、「証拠金以上の資金がマイナスになる事はない」という事です。

マイナスの補填を求められないという事は、どんなに損失が膨らんだとしても、証拠金以上にマイナスが膨らむ事はあり得ません。

FXでは時にフラッシュクラッシュのような突発的に値幅が大きく動く現象が起きたりします。

仮にフラッシュクラッシュのような出来事に巻き込まれたとしても、資金以上のマイナスが出ないと分かっていれば、余裕を持ったトレードも可能となります。

これがマイナスの補填を求められる状況で、フラッシュクラッシュに巻き込まれたとすると、気が気でない精神状態に追い込まれる事になりかねません。

狼狽売りという言葉が示す通り、FXのトレードは心理状態に左右される部分もありますので、最大マイナス値が確定している事はトレードをする上でメリット言えます。

「XM」では、ゼロカットでマイナスを補填してくれますので、安心してトレードが行えるというわけです。

XMはハイレバレッジだからこそゼロカットが安心

ご存知の通り、「XM」では888倍のレバレッジで取引が可能です。

国内FXの最大25倍と比較すると、その差は歴然です。

レバレッジが大きいと、それだけ多くのポジションを持つ事が出来ますので、利益を増やす事が可能です。

しかし、利益が大きく伸ばせる可能性があるという事は、逆に損失が大きく膨らんでしまうという事でもあります。

そんな環境においては、「XM」のゼロカットシステムはトレーダーに安心を与えてくれるシステムと言えます。

何故ならば、「XM」のロスカット水準は20%未満の為、国内FXに比べ証拠金ギリギリまで損失を抱える事が出来ます。

最大限に証拠金を活用できる一方で、ロスカットにかかるタイミングがマイナスになりやすいとも言えます。

そのマイナスを毎回支払わないといけないとすると、トレーダーはマイナスを避けるために思い切ったトレードが出来なくなってしまいます。

そうした不安を取り除いてくれるのが、「XM」のゼロカットなので、ロスカット水準が低い場合は特に必須のシステムというわけです。

ゼロカットだからと言って無茶なトレードは危険

ゼロカットで損失が限定されているからと言って、ハイレバレッジを利用したギャンブルトレードは控えた方が良いでしょう。

何故ならば、そのようなトレードが「XM」で禁止されているトレードに該当してしまうと、レバレッジを規制されてしまうからです。

悪質であるとみなされれば、口座を凍結されてしまう事もあり得ます。

特に次のようなトレードは禁止されていますので注意が必要です。

  • 窓埋めトレード
  • 指標発表を狙ったギャンブルトレード
  • アービトラージ(裁定取引)

どの取引もハイレバレッジで行った場合、マイナスの補填を「XM」側が行う事になります。

その為、禁止トレードのみを繰り返し行うと、「XM」のリスクだけが大きくなってしまうのが禁止されている理由です。

複数口座でも1口座ごとにゼロカットされる

「XM」では最大8つまで口座を持つ事が出来ますが、ゼロカットは1口座単位で執行されます。

例えば、A口座とB口座の2つの口座を保有しているとして、A口座で強制ロスカットされて口座残高がマイナス3万円になり、B口座に5万円の証拠金があるとします。

この時、A口座のマイナス3万円はB口座の5万円から補填される事はなく、A口座のマイナス3万円が0円にリセットされて、B口座の5万円はそのまま残ります。

この様に、口座ごとにゼロカットは行われます。

≪A口座がロスカットでマイナス3万円になると≫

A口座残高 マイナス3万円⇒0円

B口座残高 5万円⇒5万円のまま

XMのゼロカットは安心してトレードする保険のようなもの

「XM」でトレードする上で、ゼロカットシステムが採用されているという事は、万が一の時のマイナスを防いでくれる保険のようなものです。

頻繁に利用するものではないですが、万が一予期せぬ急騰(急落)で口座残高以上の損失を被っても借金を背負わずに済みます。

そうした安心を与えてくれるのが「XM」のゼロカットシステムというわけです。

海外FXだけの特別なシステムで、余裕を持ったトレードをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました